トップページ > 対応事例

完全カスタマイズ超軽量Linux!Tiny Core Linux

- ウエブ閲覧 / Flash動画閲覧 -

ウエブ閲覧 サウンド設定 Flash動画

- ウエブ閲覧 -

ウエブメールやネットバンキング、ブログ等普通に使えます。サクサクページが開きます。検証パソコンは512Mbのメモリーを搭載しています。 Tiny Core Linuxは初期状態では使えるソフトが何も入っていません。その故、起動が早いわけです。使うソフトを決めたらAppsを使って、ダウンロード するだけです。(例:ウエブブラウザ firefox.tcz メールソフト thuuderbird.tcz 動画プレーヤー totem.tcz)
今回は、超軽量Linuxディストリビューションの目的から、ウエブブラウザのみインストールする事にします。他にもオフィス関連ソフトなどが必要であれば 最初から、色々なソフトが組み込まれたディスビューションを選択したほうが良いです。(Puppy Linux、Knoppix等)

ToolBoxの中から、「Apps」アイコンをクリックします。(ネット接続できている必要があります)


「アプリ」、「クラウド(リモート)」、「ブラウズ」の順にクリックします。


リスト一覧から、「firefox.tcz」を選択、下の「実行」ボタンを押します。ダウンロードが完了するまで10分程度かかります。


ダウンロードが完了しました。


ToolBoxの中にfireFoxのアイコンが追加されました。クリックするとブラウザが開きます。


ブラウザが起動しました。日本語入力も出来ます。




- サウンド設定 -

Tiny Core Linuxは初期設定では音が鳴りません。音が鳴るようにWindowsで言うこところの、ドライバーをインストールします。 インストールしてから音量設定をします。更にパソコン起動時にその設定が復元されるようにしなければなりません。
Windowsパソコンのようにインストールすればすぐに使えて、その設定が自動保存されれると言うわけにはいかないようです。 軽量であるが故に、色々下ごしらえしないと動作しません。

ToolBoxの中から、「Apps」アイコンをクリックします。(ネット接続できている必要があります)


「アプリ」、「クラウド(リモート)」、「ブラウズ」の順にクリックします。


「alsa.tcz」を選択して、「実行」をクリックします。ダウンロード完了までしばらく時間がかかります。


ダウンロードが完了しました。画面右上のXをクリックして閉じます。


「Terminal」をクリックします。


コマンドライン上で「sudo /usr/local/etc/init.d/alsasound start」と入力します。次いで 音量調節をします。「sudo alsamixer」と入力します。



「Master」を選択して、↑矢印キーを押してボリュームを上げます。


「Master M」、「Headphone」もボリュームを上げました。


このままでは、パソコンを再起動すると設定が保存されません。設定内容をbootlocal.shに書き込みます。
「sudo alsactl store」と入力します。
「echo etc/asound.state >> /opt/.filetool.lst」と入力します。
「echo /bin/sleep 5 >> /opt/bootlocal.sh」と入力します。
「sudo echo /usr/local/etc/init.d/alsasound start >> /opt/bootlocal.sh 」と入力します。
「sudo vi /etc/asound.state」と入力します。



空のファイルを保存します。:キーを押してからwqと入力して、Enterキーを入力します。終わったらexitと入力してTerminalを閉じます。





- Flash動画 -

FirefoxでFlash動画を見るためにはAdobe Flash Playerが必要です。Youtube動画を再生すると下記表示が出ます。 「Get the latest Flash Player」をクリックします。


プールダウンメニューから「tar.gz for other linux」を選択、「Download now」をクリックします。


「Save File」にチェックを入れて、「OK」をクリックします。


左ペインの「tc」を選択して、右下の「Save」ボタンをクリックします。


ダウンロードが完了すると以下の表示が出ます。ブラウザを閉じます。


「Terminal」をクリックします。


「cat install_flash_player_11_linux.i386.tar.gz | gzip -d |tar xvf -」と入力します。
「mkidr .mozilla/plugins/」と入力します。
「mv libflashplayer.so .mozilla/plugins/」と入力します。
「exit」と入力してTerminalを終了します。



Youtubeのフラッシュ動画が見れるようになりました。



Tiny Core Linux メインページに戻る


Copyright(C) PCDEMAGIC All Rights Reserved.